News RSS

こんにちは~MIKAです🙌❗ ゴールデンウィークも明けて気持ちのいい気候になってきましたね✨ 今日はポッパーについてご紹介していきます♬   ポッパーとは・・・大きく口が開いたルアーのことです。 基本的に水面を引くトップウォーターで、カップで水を受け、サウンドやバブルを発するのが特徴です。 「ポコッ」と空気を含みながら出すポップ音(pop)から、ポッパー(popper)の名前が付けられているそうですよ💡   1.特徴 (出典:MEGABASS)   1.圧倒的なアピール力  見た目はルアーの口にカップがついているのが特徴のルアーです。 このカップが水を受けることでボゴォ!やポコッなどの音やバブルを発生させ、強いアピールでバスを引き寄せます。 水面を攪乱し、音やバブルを発生させるため波動が強いのでバスを水面まで浮かせてバイトに持ち込む集魚力の高さが魅力です☝️✨   2.表層を攻めるトップウォータープラグ ポッパーはリップがなく水面に浮かぶのが特徴です。 そのため表層を意識しているバスには最も効果を発揮できるルアーです。 トップウォーターは水面のルアーにバスが食いつく瞬間が見れるので釣り甲斐がありますよね😄     2.種類 1.浮き角度で選ぶ<垂直浮き、水平浮き、斜め浮き>   (出典:O.S.P. ) ・垂直浮き ノーアクション時に頭部分が水面より上に出て、ボディの大半が水に浸かるルアーのこと。アクションさせると移動距離が短いのが特徴です。 なお、ロッドを下げてトゥイッチ&ポーズを入れれば、水中に頭を突っ込んだ後、ポコンと大きなポップ音が出せます。       (出典:ダイワ) ・水平浮き ノーアクション時にお腹部分が水面につき、背中部分が水面から出ているルアーのこと。 アクションさせると移動距離が長く、首振りの幅は大きくなります。また、スプラッシュが出しやすいのもポイント。 連続したアクションで広範囲をスピーディーに探る際に適しています。         (出典:DEPS) ・斜め浮き 垂直浮きタイプと水平浮きタイプとの中間に位置するルアーのこと。 浮き姿勢の角度は製品によって異なり、それによってアクション時の移動距離や首振りの幅も変わります。 また、浮き姿勢の角度は水面からルアーの先端までを示しており、15°や30°などさまざま。 ポッピングに関してはアクション時のロッドストロークの幅によって、ポップ音に変化をつけやすいことが挙げられます。       2.スプラッシュ・音の強弱で選ぶ ポッパーのルアーの特徴としてスプラッシュ(水しぶき)が激しいものと弱いもの、音が大きいものと小さいものとがあります。 決して強ければ良いわけではないので、フィールドやシチュエーションに合わせて強弱を選んだルアーを使うと良いでしょう😄👏     3.使い方 1.ポッピング ポッピングとはその名の通り「ポコッ」という音とバブルで、魚にアピールするアクションのことです。 トゥイッチやジャークなどのロッドワークと、リーリングスピードの緩急を組み合わせるのがコツです。 また、ラインスラックを十分に出すのもポイント。 連続で動かしたり、時折ステイを入れたりと、リズムに変化をつけるのも有効です。     2.スプラッシュ スプラッシュとは、前方に水しぶきを出すアクションのことです。 言葉として最近は飛沫を意味する「スピット」が使われることもあります。 ジャークなどでロッドを煽り、ルアーを強く引っ張るのがポイント💡 なお、軽くて小さいポッパーだと水面から飛び出してしまうことがあるので、ある程度のサイズとウエイトがあるほうがおすすめです。     3.首振り(ドッグウォーク) 首振りとはその名の通り、左右にルアーのヘッドを振って蛇行するアクションのことです。 ペンシルベイトのように細長いタイプであればある程度スライトしますが、多くの場合はネチネチと小刻みに動かすのがコツです👍 やり方としては、キャストしたらロッドティップを下げ、チョンチョンとロッド先端を動かしつつ、ラインを少しずつ巻き取るのが基本。 ラインスラック(ラインのテンションが緩んだ状態のこと)を出し、ある程度糸をたるませた状態で動作を続けるのがキモ!     4.使うタイミング 1.ストラクチャーを攻める 護岸沿い、杭、冠水ブッシュ際、浮きゴミの際などのギリギリをタイトに狙っていくと、潜んでいるバスを引き寄せるには効果的。 水面まで一直線に飛び出してくるバスがいるほど魚を寄せる力が強いですよ✨   2.水面が荒れている状況下 風やうねりが強い状況の水面であってもしっかりと水を捉えたアクションでアピールできるポッパーは水面が荒れている状況にも効果的。 他のルアーが仕事ができないような荒れたときこそポッパーが最も活躍できるシチュエーションです👍       いかがでしたか? ポッパーの魅力が皆さんに少しでも伝わっていたら嬉しいです😉   当店でも自慢のポッパーはたくさん扱っておりますので、 ぜひ👉 こちら 👈からご覧ください!(^^)!

続きを読む

こんにちは~MIKAです🙌❗ 最近はすっかり暖かくなってきましたね✨ 今日は今の時期にもぴったりなI字系ルアーについてご紹介します♬   I字系とは・・・動きが出ないことが特徴で操作は非常に奥深くアングラーによって釣果の差が出やすいルアーになります!💡   今日はそんなI字系ルアーの歴史から特徴、使い方、使うタイミング、そして各メーカーのI字系までご紹介していきますよ~🤗   1.歴史 そもそもI字系という言葉が使われ始めたのが2007年頃。 まだまだ歴史の浅いルアーです。   当時はS字系ルアーが流行っていたのでそれをなぞって「I字系」という言葉が出てきたようです。 とあるアングラーが日本の富士五湖で秋の高活性化しているバスを釣った際にDEPSのデスアダー(4インチのノーシンカーワーム)を使って『表層近くをゆっくり引く』ことが釣果に繋がるポイントであることに気づきました。 そこで寒さが厳しく残る3月頭頃、バスの動きも鈍く釣果が難しい時期にも『表層近くをゆっくり引く』とバスが水面を割ることで確信に変わったことで「I字系」が誕生しました💡👏 はじめはワームタイプのI字系が主流でしたが、ワームは正しいセッティングが難しく、一見して気づかないようなリギング(フックの仕掛け)のほんの少しの曲がりやねじれが支障をきたすため非常に神経を使います💦 そのため最近ではプラグタイプのI字系が主流となってきました。プラグタイプは真っすぐ安定して泳ぐことができ、ワームタイプより飛距離は出やすいですが、ワームのような食わせ要素には欠けてしまいます。 I字系は難しい部類のルアーだったためプロや一部の玄人アングラーの使用にとどまっていますが、難しいと言われている一番の理由は巻き方です。 いかにブレずに小魚を模した動きをするために一定のスピードで直線的に巻くことがポイントになってくるからです。それに加えて、I字系には巻き心地がないことや小さく軽いルアーなので飛距離がないこともアングラーには難しいと感じさせるルアーの要素なのでしょう😅   そんなI字系の釣りが浸透し始めたのは、2019年。 琵琶湖でバスのベイトがワカサギに変わったことにより、不自然な動きを一切しないI字系の釣りが流行りました。そして2020年以降に、各社*がこぞってI字系ルアーをリリースしました。 まだまだI字系ルアーは市場に数えられる程度しかありませんが、弊社では各社のI字系取り揃えているので、詳しくは 5.各メーカーのI字系ルアー で詳しくご紹介しますね😉✨  *ジャッカルのナギサ65SP、イマカツのiArrow、デプスのワカサギベイト、エバーグリーンのルーフェン、そして2022年リリースのメガバスのKARASHI IGX 60F/60S/70F/70S      2.特徴   (出典:MEGABASS/KARASHI) ・ほとんど波動を出さずにまっすぐ泳ぐ I字系という名前の通り、まっすぐ泳ぐことが特徴です。 他のルアーとくらべてアクションがないので一見釣れなさそうですが、よくよく小魚を観察すると、実は小魚は殆ど身体を動かさずまっすぐ泳いでいるのです。   ・表層を狙える小魚を模したリップのないルアー 見た目はミノーやシャッドの小魚を模したルアーがベースとなり、リップがついていないことが特徴です。 水面を壁として見立てて、捕食者であるバスを水面に追い込ませ、エサを食べやすい環境だと思わせて食わせるというのがI字系の極意❗✨     3.使い方 基本は一定速度でのリトリーブです。 I字系アクションの肝は表層近くを、ゆっくりと、蛇行・キリモミせず、ロールさせず、まっすぐ泳がせることなのです☝️ またスピードを変えたり、ワンアクションさせるのも効果的ですよ!       4.使うタイミング ・クリアウォーターでベタ凪 バスの反応を目視するため水質がクリアな状態で、余計なラインテンションがかからないような微風の日が効果的です。   ・バスが何かに隠れていて餌が通り過ぎるのを待っている時 立ち木等にバスが隠れていてベイトが通るのを待機している時に立ち木の横に投げるとバスが群れをなして付いてくるくらい効果的です。 ただし、I字系ルアーは遠くから魚を寄せる力は弱いので、オープンウォーターなど魚がどこにいるかわからない場所・シーンでは効果を発揮しにくいことに留意しておきましょう💡   ・ベイトがボールや群れになっている時 ベイトボールじゃないところに投げるとバスには効果的です。バスがチョッカイを出すことによって逸れたベイトは元のボールや群れまで最短距離でまっすぐ泳いで戻ろうとします。 その習性を利用して、ルアーをまっすぐに泳がせると逸れたベイトだと思ってバスが飛び出してきますよ!       5.各メーカーのI字系ルアー 今回はメーカー5社のI字系ハードルアーを強みとともにご紹介! 迷っている方はぜひ参考にしてくださいね😉   1.JACKALL<ナギサ65SP> (出典:JACKALL) リアフック部分に設けたスタビライザーがどんなスピードでもブレずに一定レンジをキープし、テールはソフトマテリアルで食わせ能力も高いのが特徴。 安定感と直進性に優れているのでI字系釣りにはまだ不慣れの方や初心者の方におススメ。   2.IMAKATSU<iArrow> (出典:IMAKATSU) ボディ下部に付けられているフィンがスタビライザーの役割を果たし、それに加えキャスタビリティが高いのが特徴。 魚にプレッシャーがかかっていて、より飛距離が必要なシーンなどにピッタリです。   3.MEGABASS<KARASHI IGX> (出典:MEGABASS) 2022年3月に登場した最新ルアー。他のI字系と異なり、よたよたと微波動を出しながら瀕死の小魚を演出できるのが特徴。 これまでI字系ベイトを見切ったスレバスに効果的。今までのI字系とは違ったアクションを求めている方におススメ。     4.DEPS<WAKASAGI BAIT> (出典:DEPS) 他のルアーより存在感が強くフラッシング効果を生かしたダートアクション向きなのが特徴。 I字引きでバスは追ってくるけど食わない。そんなときにダートさせて食わせることができます。他のアクションも盛り込みながら楽しみたいアングラーの方におススメ。   5.HMKL<Jordan> リアフックを排除した代わりにティンセルを装備。 「放って置いておくだけ」がこのルアーの王道の使い方! I字引きと放置のアクションをどちらも両立できる数すくないI字系ルアーなのでデカバスめがけて辛抱強く放置できるアングラーにおススメ。       6.I字系ルアーに適したロッドとライン ・ロッド: スピニングロッドのUL(ウルトラライト)~L(ライト)のロングロッドがおススメ。I字系の釣りはリトリーブによる巻きの釣りになるため、ロングロッドを使用することでロングディスタンスアプローチによるアドバンテージを得ることが非常に大切です👍   ・ライン:...

続きを読む

みなさん、こんにちは🙋‍♀️MIKAです❗🤗 今日はスイムベイトについてご紹介していきますね~~😊   スイムベイトとは・・ 主にゴムやソフトプラスチックで作られた様々なベイトを模したルアーのことです🐠✨     1.スイムベイトの特徴 スイムベイトには厳密な定義がありませんが、この記事内ではスイムベイトとは主にゴムやソフトプラスチックで作られた様々なベイトを模したルアーのこととして定義して皆さんにご紹介していきますね。     (出典:メガバス) ・ルアーとしてもトレーラーとしても使用 ルアーでもトレーラーとしても使えるのが特徴です💡 リアルな質感や見た目はもちろん、ハードプラグやジグでは表現しきれない柔らかな動きを生み出してくれます。 スイムベイトの小さいサイズはスピナーベイト、チャターベイトのトレーラーとして、また大きいサイズはスイムベイトジグヘッドやエクストラワイドギャップフックに使います。   ・テール(尻尾)が特徴的 スイムベイトのテール(尻尾)にはハドルテール、シャッドテール、それ以外の種類があるのが特徴です。 テールの形状によって、スイムベイトの挙動や水を押す波動が異なるので、求めるアクションによってテールの種類を選ぶようにしましょう。 テールの詳細は2.種類でご紹介しますね😉     ・魚に違和感を与えにくい 通常のルアーよりも自然な動きや感触で魚に違和感を与えにくいのも特徴です。 警戒心が薄れ食いつきやすく吐き出しにくくなります。 着水音も静かなのでサイレントアプローチによる不意打ちも可能です。     ・誰にとっても魅力的なルアー 基本のアクションはただ巻きするだけなので初心者でも簡単に扱いやすく、 ウェイトやフックを追加したりするなどカスタマイズの自由度も高いため 上級者でも飽きさせない魅力的なルアーなのが特徴です。         2.スイムベイトの種類 ・テール(尻尾) (出典:IMAKATSU) ☝️ハドルテール:"魚"本来のボディは振らずに尻尾(テール)だけを振るアクションをするテール     (出典:JACKALL) ☝️シャッドテール:魚の尾っぽのような形ではなく、くびれと突起があるテール     (出典:EVERGREEN) ☝️それ以外:上記に当てはまらないテール     ・大きさ スイムベイトの大きさは5インチ~12インチくらいまで幅広いラインナップがあります。その釣り場でバスが捕食しているベイトサイズに合わせて選びましょう!   ・フック (出典:JACKALL) ☝️トレブルフック:最も一般的なフックで、フッキングがしやすくより確実にターゲットの顎をとらえることができるのが特徴です。     (出典:IMAKATSU) ☝️フックがボディに格納できるタイプ:バイトされてはじめてフックが露出するため半端なバイトでは逃す可能性もありフッキングしづらい難点はありますが、根掛かりが心配な時や障害物の多いフィールドで有効なのが特徴です。     (出典:HADDLESTON) ☝️トップフック:下からの突き上げバイトにはフッキング率が悪いものの根掛かりがしにくい利点があるのが特徴です。ボトムにいるエサを捕食しているベイトを演出できますよ。     3.スイムベイトの使い方 基本はただ巻きです。 テールが動くギリギリのスピードでゆっくり巻いていきましょう。魚の反応を見ながら高速で逃げるように巻いたり、ストップアンドゴーを織り交ぜるのも効果的! チェイスからバイトに持ち込みたい時には、ジャークやトゥイッチを入れてリアクションで喰わせるのも有効的ですよ。     4.使うタイミング スイムベイトは非常に適応性がありどこでも釣りができるため、シーズン・場所問わずに使用できるのが大きなメリットになります。  ディープ、シャロー、岬、オープンウォーター、地形変化に対してさえ、スイムベイトは巻きモノとして使うことができる最高のルアーの一つです。 しっかりリトリーブできるスペースさえあれば、カバー周りであろうが、流れがあろうがエリアを選ばず使用できます。 強い流れの中では、その存在感から、他のルアーよりも有効になることもあるくらいです。 ただし、カバー周りやボトムを攻略する際は、カバーに強いタイプのスイムベイトや、対カバー用のフックセッティングをしないと根がかりが多発してしまうので注意が必要です。         いかがでしたか? スイムベイトの魅力が皆さんに少しでも伝わっていたら嬉しいです😉   当店でも自慢のスイムベイトはたくさん扱っておりますので、 ぜひ👉 こちら 👈からご覧ください!(^^)!      

続きを読む

みなさん、こんにちは🙋‍♀️MIKAです❗🤗 今日はS字系ルアーについてご紹介していきますね~~😊   S字系とは・・・ S字系のルアーは米国ではグライドベイトと呼ばれ、艶めかしくリアルベイトのような動きを演出することができ、バス釣りやシーバス釣りにおいて非常に人気が高いルアージャンルです🐠✨ そもそもS字系とは・・巻くと緩やかなS字軌道を描きながらアクションすることからS字系と呼ばれています☝️   今日はそのS字系ルアーについてご紹介していきますね~🤗✨   1.特徴 (出典:ガンクラフト) ・ジョイントシステム 上記の写真の通り、ボディ中央部で分断され金属パーツでつながれているジョイント構造のことです。 こうすることでリトリーブ中に身をよじらせたり、S字にスイミングしたり、アクションをつけやすくなります。   ・S字系と呼ばれる所以 一定のスピードで巻くとS字を描きながら蛇行して泳ぐことがS字系と呼ばれる所以です。その様子は、まさにベイトフィッシュが泳ぐ姿そのもの。     2.種類 ・素材  プラスチック:ビッグベイトに限らず、ハードルアー全般に使われる素材。具体的にはABS樹脂が多く、耐久性が高いのが特徴です。 また、金型が作れるので、量産しやすいのもポイント💡 さらに連結ボディなどの複雑な加工が可能なのも魅力です。     ウッド:木材を使用した素材。ルアーにおいてはボディが詰まっていながらも高い浮力を備えており、しっかりと水噛みや水絡みをして泳ぐのが特徴です。 ただ、加工に手間がかかり、個体差が出てしまうのが懸念点⚠️ 価格帯としても高いので、その点は留意しておきましょう。                 ・フローティングタイプ、シンキングタイプ フローティングタイプ:表層近くを攻める時に使いましょう❗✨ 浮力があるので、アクションさせるとキレある動きをするのが特徴。 板オモリを貼ればサスペンドにすることも、シンキングにすることもできるためどれか迷ったらフローティングを選ぶと良いでしょう👍     シンキングタイプ:表層以外を攻める時に使いましょう❗✨ ボディサイズが大きい場合はウエイトとのバランスを考慮し、スローシンキング仕様になっていることがあります。 より深場を攻めたい場合は板オモリなどを貼るなどして調節しましょう。       ・ギル型、ギル型以外 (出典:バスラム)   ☝️ギル型:ブルーギルという魚を模したルアーで、春先からスポーニングの時期には、バスの卵や稚魚を狙うプレデターとなるので、フライなどを守るためにバスの捕食ターゲットになります。 ギルを模しているので、高い体高で設計されているボディが特徴です。   ギル型以外:メーカーによって異なるが様々な魚を模したルアー。 ギル型より体高は低く、鮎のようなギル以外の魚を模しています。                                 3.使い方 ・ただ巻き   キャスト後にロッドは動かさないようにして、リールだけでラインスラックをゆっくり巻き取るだけ。 ゆっくりただ巻きするだけで大きくS字の蛇行アクションを見せます。キモはスピードを一定にして巻くこと! 集魚力を活かして魚を寄せたい時などはこのただ巻きがオススメです😄   ・ストップアンドゴー ただ巻きで魚がチェイスした時に多用するアクション。 スピードをあげた後に巻きを止めると艶めかしくS字を描きながらストップします。多くのバスを虜にしてきたS字系魅惑のアクションです。   ・ジャーク ただ巻きに織り交ぜる1回だけのジャークから、ミノーのような連続ジャークまで対応します。 リアクションで魚にスイッチを入れたい時に有効です。重要なのはジャークの後にポーズを入れること。   S字系にはこの他にもデットスティッキング、シャーキング、バヒューンなど様々なアクションがあります。         4.使うタイミング ・クリアウォーター S字系は視覚によってバスにアピールをするため、クリアウォーターではルアーがバスから丸見えの状態となり非常に効果的です。 しかし波動でのアピールは弱いため、濁ったマッディーウォーターでは効果は弱くなります。   ・魚を探したいときや集魚力を活かしたいときに バスはS字系ルアーを追跡する傾向があり、S字系を巻いているだけで巨大なバスがルアーの後ろにいるのを見ることができるんですよ。...

続きを読む